バリジャンは自分たちの光の都市にビツグクラブが欲しいと 夢見てきた。そして2011年、カタ一ル人がフランスリーグ豪門サッカークラブのバリ•サンジェルマンを買収して、夢のクラブを築きつつある

裕福になる前、バリ・サンジェルマン(PSG)は若かった。この首都のクラブは1970年8月12日にできたばかり。スタッド・サンジェルマンとパリFCが合併して生まれたのだ。ただし、クラブは1970年8月27日を公式の創設日としている。

バリ・サンジェルマンはバリ市の色から青と赤をもらい、サンジェルマン地区の白と組み合わせ た。比較的短期間にそれなりの数のトロフィーを集めた後、フランスのクラブと してはマルセイユに次いで2番目に、ヨーロッパでのタイトルを獲得(1996年5 月8日のUEFAカップ•ウィナーズ•カップ、ラピー卜•ウィーンを1-0でくだした)。そして2011年5月30日、ビッグクラブへの追い越し車線に車線変更した。

当時のカタール皇太子、シェイク•タミム・ベン•ハマド•アル •タニが率いる王室の富裕なフアン卜、カタール・スポーツ・インヴェス卜メンツ(QSI)) 最初に 試みてから5年後のこの時、クラブ株式の70%を買収して経営権を握ったのであ る。2012年3月6日にはQSIは残りの30%も取得、唯一の株主となった。それ以来、オイルマネーが2008年からマンチェスター・シティを作りかえているように、 莫大なカタール資本がバリへパリへと濂れ込んでいる。